御身体の痛みのことでお悩みの方は、ご相談ください。
自己判断はより病状を複雑にしかねないので、早めのご来院をオススメします。
腰痛を和らげるストレッチ

ぎっくり腰ヘルニアなど腰痛がある場合、「必ず安静にしていなければならないか?」といえば、決してそうではありません。酷い痛みがある場合は動くことが困難ではありますが、ある程度痛みが引いて動けるようになれば、お仕事や家事など普段の活動を出来る限り継続したほうが良いと言われています。

腰のストレッチ方法

腰のストレッチ方法

安静にして動かさないでいると、余計に腰部周辺の筋肉が硬くなり、余計に痛みが慢性化してしまいます。基本的に酷い痛みでない限りは、腰部の筋肉をほぐして痛みを和らげるために、ストレッチを行うことをおすすめします。

• 腰を丸めるストレッチ

仰向けになり、体育座りをするように両膝を曲げ両腕でゆっくりとかかえます。無理のない程度で止め、そのまま5秒間静止します。余裕がある場合は、おへそをのぞきこむように頭を上げましょう。腰だけでなく背中のストレッチにもなります。

• 腰を伸ばすストレッチ

仰向けになり両膝を立てて、両腕は左右まっすぐに伸ばしてください。両膝を左に倒し、無理のない程度で止めて5秒間静止します。右側も同じように行ってください。

• 座って行うストレッチ

膝の上に手を置き、ゆっくり息を吐きながらおじぎをするように、上半身を前に倒します。無理のない程度まで前に倒したら5秒間静止します。最後に上半身をゆっくりと起こして元に戻ります。

• 座ったまま行う腰回し

腰に手をあて、ゆっくり息を吐きながら上半身を左にねじります。無理のない程度までねじったら5秒間静止してゆっくり戻ります。右側も同じように行ってください。

ヘルニアやぎっくり腰の予防法

ヘルニアやぎっくり腰を予防するためには、やはりこまめにストレッチを行うことが重要だと言えます。

寝る前や仕事中にご紹介したストレッチを実践してください。また、ヘルニアやぎっくり腰の予防のために身体の冷えにも気をつけて頂きたいです。冷えは血行不良を招いてしまうので、腰痛のリスクを避けるためにも、腹巻きや膝掛けをするなどの冷え対策を徹底しましょう。

さらに、ぎっくり腰になりそうなときは、食事を抜くという方法があります。何度かぎっくり腰を経験している方は、その前兆があるはずですから、その際にとりあえず一食抜き、胃腸を休ませて回復させるのです。腰の異常が胃腸から来ている場合、この方法でぎっくり腰を回避出来る場合があります。

逗子市でヘルニアやぎっくり腰にお悩みでしたら、鍼灸院をご利用になりませんか。逗子で鍼灸院をお探しでしたら、当院をご利用ください。動けない場合は往診も行っていますので、お気軽に問い合わせください。腰痛のほか、肩こりや膝痛、スポーツ外傷など幅広く対応しています。土日も営業していますので、なかなか鍼灸院へ足を運べないという方も大歓迎です。お待ちしています。

ホーム » 腰痛を和らげるストレッチ

▲PAGE TOP