御身体の痛みのことでお悩みの方は、ご相談ください。
自己判断はより病状を複雑にしかねないので、早めのご来院をオススメします。
高齢者が抱える心理的ストレス
高齢者が抱える心理的ストレス

シニア世代のセカンドライフと聞くと、生涯スポーツや趣味、孫と楽しそうにしているイメージが浮かぶと思いますが、様々な不安やストレスを抱える方は大勢いらっしゃるのです。ご高齢の方がどのような心理的ストレスを抱え、そのストレスが及ぼしかねない影響についてご紹介いたします。

心身の状態や心境をしっかり理解して頂くことで、今後の介護にお役立て頂ければ幸いです。

心理的ストレスの要因とは

歳を重ね高齢になってくると、様々な機能低下から体調を崩してしまうだけでなく、本人の意思とは無関係に病気やケガと隣り合わせの生活で悩まれることが多くなります。こうした環境への適応の困難さから、心理面に影響を及ぼしてしまいます。

「やりたいことが思うように出来ない」という状況は、本当に辛くストレスを抱えやすいものです。
また、子どもの自立に伴う喪失感や配偶者との死別、職場からの引退、社会との交流の減少というように、「失っていくこと」「必要とされないこと」に、ストレスを抱えてられています。

どのような影響を及ぼしてしまうのか

ご高齢の方でめまいに悩まされている方は、身体の変調だけでなく、心やストレスが要因となって起こる「心因性めまい」である可能性も高いです。ストレスや不安が蓄積すると、血圧や体温の調整を行う自律神経のバランスが乱れ、めまいを引き起こしてしまいます。同時に、耳鳴りの症状があらわれる場合もあります。

やはりストレスといえば、うつ病のリスクが高いのも事実です。何もせずに1日ボーっとする、さっきやったことや聞いたことをすぐに忘れる、反応が鈍くなるなどが見られ、認知症と間違えられやすいので要注意です。

逗子の当院では、来院が困難なご高齢の方へ在宅マッサージの依頼を承っています。マッサージをしながらコミュニケーションを図ることにより、ストレスを緩和出来るよう親切・丁寧を心掛けてサポートさせて頂きます。疼痛痺れなどの症状のある方、パーキンソン病の方、リウマチの方、骨折後遺症でお悩みの方などいらっしゃいましたら、ぜひ当院へ在宅マッサージをご依頼ください。

また、在宅マッサージの内容や保険適用など、少しでも分からないことがあれば、お気軽にお電話・メールより問い合わせください。

ホーム » 高齢者が抱える心理的ストレス

▲PAGE TOP