御身体の痛みのことでお悩みの方は、ご相談ください。
自己判断はより病状を複雑にしかねないので、早めのご来院をオススメします。
自己流マッサージのリスク

肩こり腰痛に困っていると、自分で肩を叩いたり臀部を揉んだりしてしまいがちですが、こうした自己流マッサージはとても危険なのです。何がどのように危険なのか、ご説明いたします。

強く揉む・叩くリスク

強く揉む・叩くリスク

自己流マッサージで陥ってしまいがちな失敗が、強く揉んだり叩いたりすることです。主に肩こりは、筋肉が緊張したり血液の流れが滞ったりして起こるものです。その状態で強く揉んだり叩いたりすると、筋繊維を傷つけてしまう恐れがあります。
そして、傷ついた筋繊維が修復する際に硬くなり、より酷い肩こりや腰痛を招いてしまうのです。

刺激が強過ぎるマッサージというのは、その筋肉の繊維が損傷し炎症する「揉み返し」を招きます。
気持ちよく感じるかもしれませんが、その効果は一時的なもので、長続きはしません。自己流マッサージは行わず、素直に病院や鍼灸院、整骨院などをご利用ください。

間違ったツボ押しによるリスク

間違ったツボ押しによるリスク

肩こりや腰痛を何とかしたいと、ツボ(経穴)を押して改善を図ろうとする方もいらっしゃるはずです。的確な位置へ、適度な力加減で押すことが出来れば、得られる効果は確かに大きいのですが、間違ったツボを押すことにより負うリスクが大きいのも事実です。

例えば、首の後ろ(頸椎の横あたり)にはたくさんのツボがありますが、何度も強く押されると気持ちが悪くなり、めまいや冷や汗などの症状を起こす方もいらっしゃいますので要注意です。また、妊娠中に押してはいけないツボなどもありますので、安易なツボ押しはおすすめ出来ません。

東逗子駅周辺にお住まいの方で整体・整骨・鍼灸をお探しでしたら、当院をご利用ください。お話をよく聞かせて頂きながら原因を追究し、お一人お一人に合わせた施術をいたします。肩こりや腰痛のほか、腕・足の痛みやしびれ、スポーツ外傷など、何なりとご相談ください。

東逗子駅から徒歩5分とアクセスに便利な場所にあります。一緒に健康な身体を取り戻せるよう頑張りましょう。

ホーム » 自己流マッサージのリスク

▲PAGE TOP