御身体の痛みのことでお悩みの方は、ご相談ください。
自己判断はより病状を複雑にしかねないので、早めのご来院をオススメします。
骨折を放置すると
骨折を放置すると

骨折の治療中、骨が結合するまで安静を余儀なくされることも多いですが、すっと骨折箇所を動かさないでいると様々な弊害を招いてしまいます。

骨折の固定期間が終わりに近づいたら、リハビリを併用で鍼灸院や接骨院を利用する方法もあります。

骨折は放って置いても治りません

激しい痛みを伴う骨折は、折れた箇所が通常ではありえない方向に曲がって、明らかに変形していると見た目で判断出来ます。

一方、それほど痛みを感じない場合、打撲や捻挫、突き指だと思い込んでいたら、実際にはひび割れを起こしていたというケースもあります。

放置しても自然に治ることはありませんし、軽症であっても治癒までに時間がかかり、正常な位置でくっつきにくくなり、痛みだけが残ってしまう場合もあります。

小さなひびは外見からは判断出来ませんので、正確な診断が必要となってきます。

整形外科での治療法

整形外科など病院での骨折の治療法は、骨折箇所にギプスを撒き固定期間が終わるまで安静にし、仮骨形成が完成してからリハビリなどして、改善を図ることがほとんどです。

しかし、骨折の状態によってはリハビリを開始するまでに、時間がかかってしまうこともあります。そこで心配される弊害が、筋力の低下や関節の硬直です。

全く動かさないでいると1日に数%ほども筋肉の重量が減るといわれており、腕や足はみるみる細くなってしまいます。

もちろん、温熱療法やマッサージなどの物理療法が行われますが、関節が硬直すると腕や足の曲げ伸ばしが不自由になりますので、リハビリ開始時は大変不便です。

さらに高齢者の骨折は若年者と比べ治りが遅いですし、日常的な活動能力も著しく損なってしまいますので、何らかの対策が必要です。

鍼灸院や接骨院を利用しよう

何らかの対策をお求めであれば、鍼灸院や接骨院を利用しませんか?鍼灸院では鍼や灸で患部を刺激することにより、早期回復を目指します。

早いタイミングでご利用頂ければ、リハビリ期間を大幅に短縮することが出来て、後遺症の程度を軽減する可能性は高くなります。

接骨院では病院と同様に保険が適用されますし、柔道整復師による施術を受けることが出来ます。鍼灸院や接骨院では、しっかり時間を取ってお話を伺うことで不安を取り除き、一人一人に合ったオーダーメイドの施術をご提案します。

また、病院で処方されるような薬物治療もありませんので、安心してご利用頂けます。

神奈川逗子市の当院は、鍼灸院と接骨院の両方の知識を併せ持つ鍼灸接骨院です。骨折だけでなく、捻挫や脱臼、肩こり、腰痛とあらゆる痛みや不調に対応しています。もちろん保険適用による施術も可能です。病院で交通事故治療をしているがなかなか良くならない方も、まずはお気軽にご相談ください。

ホーム » 骨折を放置すると

▲PAGE TOP